PS3のYLODの原因とその対策


(※元々が2012年12月に書いた記事ですので現在とは状況が異なる部分もあり、
加筆修正をしております。)

PS3の故障で一番多いのはYLOD(Yellow Ling Of Death)と言われる症状で、

電源ボタンを押すとランプが赤→緑→黄色→赤点滅となり起動しない状態のことです。


この故障はメイン基盤とチップを留めているハンダが収縮を繰り返すことで

割れてしまうことが原因です。

初期型のPS3は非常に高温になりますので、稼働中の高温と電源を切って冷えた時との

温度差が収縮の理由と言われています。


これはXbox360のRLOD(Red Ling Of Death)と同じですね。

Xboxの場合はメーカーが不具合と認めたため3年間の無料保証となっていましたが、

SONYはそう認めていないので1年間の保証期間を過ぎれば有料です。


SONYの公式修理では基盤交換の修理となりますので費用は¥16,800となり

修理の受付から返却までは2週間から1ヶ月はかかるようようです。

(最近は¥12,800にて基板交換という例もあるということです)


2014年4月に初期型モデルの2機種

  • CECH-A00 60GB
  • CECH-B00 20GB
2014年7月には
  • CECH-H00 40GB
  • CECH-Q00 160GB
の計4モデルはサポートが終了し、メーカーでの修理は出来ずジャンクマンを含め
修理業者での修理がメインとなっているのが現在の状況です。


通常、本体が起動している間はHDD内のセーブデータと写真や音楽、動画といったデータは外付けの機器にコピーが可能ですが、YLODの場合は突然、起動不可能になってしまうのでバックアップを事前に取らない限り対処のしようがありません。


起動が出来ないのなら本体からHDDを抜き取り、他のPS3に差してそこからUSBメモリなどに移そう、と考えるかもしれません。

ですが、厄介なことにそう上手くいきません。


理由をざっくり説明すると、PS3の本体基板とHDDは一対一の関係にあるので

他のPS3のHDDを差すとそのHDDの中のデータを全て消去して新たなHDDとして

本体と紐付くことになります。


ですので、もし友人のPS3に差して、そのままフォーマットを行うと

自分のHDDのデータが全て消え、おまけに友人も全てのデータを

失うことになってしまいます。


HDDをPCと接続してデータをコピーし、PCから外付け機器にへコピー

戻ってきたPS3と外付け機器を接続して復旧させるという方法はありますが、

それにはHDDケースが必要ですし、非常に手間がかかるのと確実にできるかは

わかりません。

(※上記の方法ではデータの復旧は不可能でした。

PS3の内蔵用として使っていたHDDのデータは暗号化されているため、通常のフォーマット(FAT32など)に書き込みをすることが出来ません。)


また、ゲームのやり込み要素であるトロフィー情報はPSNにログインしてオンラインで同期をしておかないと更新されないため、ネットに接続していない状態で獲得したトロフィーは故障してしまうと消えてしまうことになります。


ですので、突然YLODの故障に見舞われた場合は

・セーブデータは全て消える

・動画、音楽、写真も全て消える

・トロフィーも消える(同期してない場合)

・Torneの録画番組も消える(外付けHDDに録画していても同じ)


という覚悟が必要となってしまいます。

巷ではドライヤーによる一時的な応急処置が有効とされていますが、正直に言うと
これは応急処置にしては直る確率が低く、仮にそれで復旧しない場合はジャンクマンの修理でも直る確率が低くなってしまいます。

手軽に出来るとは言え、大事なデータにそこまでリスクをかけて良いものかと言われるとうーんとなってしまいます。

その理由に関しては別記事にて書いておりますのでドライヤーでの処置を考えている方はまずご覧頂ければと思います。


そもそもYLODにならなければ上記のような心配をすることは無いので、それを避けるにはどうすればいいか、ということが一番重要かと思います。

故障の原因は熱暴走→急速な冷却のループとされていますので、これを避けることです。

以下はすぐに出来る対策かと思います。


・PS3の周り(特に排気部分の近く)にモノを置かない

・周りに十分な空間を確保する(TV台の下などに置かない)

・できるだけ縦置きする

・横置きの場合は金属ラックの上など、地面と接しないように置く

・長時間の連続使用を避ける


これぐらいではないでしょうか。

プラスの要素として、「冷却ファンを使う」というものもあります。

中でもDeepcool N1という製品はオススメです。(ドスパラさんの回し者ではありませんよ・・・w)

USB接続して台の上にPS3を置くだけですが、結構な冷却効果があります。

ファンの音量が最大だった本体もかなりマシになりました。

ですので、ファンの音量が大きくて気になるという方にも良いかもしれません。


色々な方法でYLODを防ごうという試みはした方が良いとは思いますが、

対策を十分にしてもYLODになるものはなります。

買って1ヶ月でなったという人もいます。

逆に、特に何もしないけど全くならないということもありますが・・・・

その辺は個体差というか、正直「運」みたいなところが大きいです。

万が一、YLODになった場合は初期型では、「SONYに修理を頼む」「修理業者に依頼する」ということになりますが、

費用や掛かる時間、それに対応なども様々では無いかと思います。

ジャンクマンにもたまに問い合わせがあったりするのですが、詐欺まがいの業者も
存在しているということらしいです。

安価で修理の依頼を受け付けて、「復旧できなかった」として勝手に本体を処分されその代わりに新型が送られてきたり、ひどい場合は受取後に全く音沙汰が無く本体を取られてしまったというケースもあるようです。


私たちジャンクマンは決して安価とは言えない修理料金ですが
  • 正式依頼の前に明確に料金のご案内(もし追加の作業や部品が必要で費用がかかる場合はその時点でお伝えし、どうされるかをご判断頂いております)
  • 修理品の受取時にはご連絡
  • 万一、復旧できなかった場合は返送(処分を希望される場合は処分も承ります)
  • 基本的に復旧できなかった場合の修理料金は0円(分解歴やドライヤー処置歴のある場合は除きます)

ということを徹底しています。

詳しくはHPをご覧になり、メーカーの修理と比べた上で選んで頂ければと思っております。

PS3修理専門店のジャンクマン